2015/9/25

謎の破壊者週間です!!!!!!
とのさんに、昔のPVをアップしてもらったよ!!!!!!!!!!

いや……あの……
久しぶりにPV見たら……滾ってきちゃって……
その……

こんなもの(http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=52703995
まで
描いてしまいました。

僕「φ(╹◡╹ )ウオオオオオオオ」
僕「φ(╹◡╹ ;)つーか僕は何やってんの??仕事したい!!仕事に戻りたい!!でもこの欲求が押さえられない!!!」
僕「(╹◡╹)そうだ!とのさんに止めてもらおう!『仕事しろ』って言ってもらおう!!!」

志村「あっ、原稿はかどってますね。進めてください!o(●ェ●o)

僕「φ(╹◡╹ )ウオオオオオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォ

1.5日で上げました。
これから仕事にもどります。(白目笑顔)

 

そして、これ描きながら、久しぶりに破壊者に想いを馳せていたんですが、
僕らPPにとって処女作は『ALIVE』ですが、
僕自身が創る過程で、作品に魂引きずり込まれるような感覚に陥った初めての作品って、
やっぱり『BREAKER』なんじゃないかなぁ……とか。

 

こいつら描いていると、昔から付き合いのある友人と会ったような、
そんな錯覚を覚えるんです。
思えば「青春」といわれる頃、ほぼ日常を埋めていたのがこいつらなので、
ある意味正しいのかもしれませんが。
キャラクターという創作上の存在ではあるけど、
友人たちと一緒に昼ごはん食べたり、放課後一緒に部室に行ったり、
そんな中に、いつもこの子たちもいたような気がします。

 

今だから思うのですが、これ、きっと、
”自分だけ”のキャラだったら、ここまで友達のようにはならなかったような気もして。
とのさんと二人で共有していたキャラ・作品だったからこそ、
”自分でもあるけど、自分ではない”
この絶妙なポジションが、彼らを他人たらしめていて、
”自分にもっとも近い友人”
のような存在にしてくれたのではないかと。

 

今も新たに広がる、キャラとの友情の輪(笑)ですが、
いつも中心にいてくれるのは破壊者のキャラたちのような気がします。
さすがの貫禄です。ありがとう。これからもよろしく。

 

***

 

落書きおきば。
破壊者落書き置いておこうね。

2015-9-10皇の社

2015-9-11_2

漫画には入れられなかったけど
スメさん編もまじ好きです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中